子宮内膜症 妊娠

子宮内膜症は不妊の原因になる?|妊娠しにくいの?

HOME

子宮内膜症と不妊症の関係について

子宮の内側にある内膜に受精卵がつくことで妊娠が成立します。

この行為を着床と言いますが、子宮のなかにある子宮内膜はこの着床の確率を高めるために内膜を厚くさせます。

しかし、妊娠に関係ない時期は厚くなった内膜が剥がれ落ちて排出されます。

この子宮内膜が子宮以外の部分に出来てしまい、痛みを発症してしまう病気を子宮内膜症と言います。

不妊症と子宮内膜症は直接的な原因はありませんが、不妊症で悩んでいる女性の4割程度が子宮内膜症を患っています。

子宮内膜症=不妊症ではありませんが、妊娠に対して何らかの影響を与えていると考えられます。

「自分はまだ妊娠の予定がないから関係ない」と思う人もいるでしょうが、月経が起きている女性ならば発症する可能性があるんですね。

実際に20代から40代の女性の10%が子宮内膜症を患っています。

子宮内膜症の薬物治療について

もし妊娠しやすい体質になりたければ、子宮内膜症を治さなければいけません。

この子宮内膜症は病院で治療を受けることで改善することできます。

ここでは薬物を使用した治療法について説明します。

子宮内膜症の原因は卵巣から分泌される女性ホルモンであることから、薬物療法ではホルモン分泌を抑える薬を使用します。

まず月経を起こす女性ホルモンの分泌を止めてしまい、閉経と同じような状態にして症状を軽くする偽閉経療法があります。

それと妊娠と同じような状態にすることで症状を軽くする偽妊娠療法があります。

これらの薬物療法は根本的な解決ではなく、 一時的な症状緩和を目的としています。

そのため治療をやめてしまうと、病気が再発ししまう可能性があります。


子宮内膜症の手術療法について

子宮内膜症を根本的に解決したいのであれば、手術療法を受けるしかありません。

妊娠初期 葉酸

この手術療法は今後妊娠を希望しているか、否かによって方法が異なります。

まず妊娠を希望している場合は卵巣や子宮を残して、病巣だけを摘出します。

これは残された生殖器官に見えない病巣がある場合は再発してしまう可能性があります。

次に妊娠を希望していない場合ですが、女性ホルモンの分泌を行う卵巣だけを残して子宮を摘出する卵巣機能温存手術と子宮と卵巣を摘出する根治手術があります。

卵巣機能温存手術の場合は再発する可能性があります。

根治手術の場合、再発は起こりませんが女性ホルモンを分泌する卵巣がないため、頭痛、ほてりなどの更年期障害と同じような症状が起こります。

手術を受けるにあたっては十分に医師と話しあってください。

少しでも疑問や納得いかない点がある場合はセカンドオピニョンとして、別の病院で受診するのも有効です。

子宮内膜症 妊娠、子宮内膜症 妊娠、子宮内膜症 妊娠



先頭へ
Copyright (c) 2015 子宮内膜症は不妊の原因になる?|妊娠しにくいの? All rights reserved.